さて、1月も終わりちょっと政治について

さて、まずは安部政権の独裁政治について・・・。

普天間基地問題で今、話題です。 
名護市長選で敗北したのに話し合いの余地なく工事実施宣言。
原発再運転実施と民意を無視した政治。
そして、外交というなの外遊政治。
国会での議論と言いながらの短期間での議論なしの強行採決。
靖国の強行参拝。
 っと、あげればきりがないほど上がってくる安部政権の黒政治。

アベノミクスという名の甘い罠に国民が騙されかけてはいないでしょうか?
確かに日本の経済は持ち直しかけてはいるでしょうけど、安部の意図する
ところは何かと見極めなくてはいけない時期にきているのかもしれません。
 しかしながら、首相がころころ変わるとまた、回復にSTOPがかかる恐れが
あるため、慎重に考えなくてはならないでしょう。 安部政権(自民党)の独裁
政治に対して、対抗できる政権がでてきてくれることに期待をするしかないのでしょうか?

とちょっと語ってみたりします。



"さて、1月も終わりちょっと政治について" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント